血栓融解効果により心筋梗塞の予防

日本にある伝統的な食品は数多くありますが、その中でも多くの人が小さい頃から食べている物として納豆があります。この納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる酵素が含まれており、この酵素の働きによって様々な効果があることが分かっています。まずその1つめの効果として、血液の中にできた血栓を融解する効果があることが分かっています。血の塊が血管の中で固まる事で血栓になりますが、その状態が酷くなってくると血液の流れが脳に届かなくなってしまいます。最悪の場合は心筋梗塞を引き起こす原因になるため注意が必要ですが、納豆に含まれる酵素にはこの血栓を融解してくれるので心筋梗塞の予防効果が期待できます。納豆を毎日摂取することで血栓融解の効果は継続されるので、食べ続ける事で血栓ができにくくなります。結果として心筋梗塞を予防する事ができますよ。

血液サラサラ効果による脳梗塞の予防

ナットウキナーゼが持つ2つ目の効果として、血液自体をサラサラにする働きがある事が分かっています。血液は食生活や水分不足によってドロドロになり、流れが悪くなることがあります。流れが悪い状態のままではやがて血管に血の塊が詰まってしまい、その状態が酷くなってくると血液の流れが脳に届かなくなってしまいます。その結果、脳梗塞を引き起こす原因ともなります。納豆に含まれる酵素には血液自体をサラサラにする効果があるので、ドロドロの血液を改善が期待できますよね。また同時に血中のコレステロール値を下げてくれる作用があることも分かっており、より脳梗塞を予防してくれる効果が期待できますね。

活性酸素抑制により生活習慣病の予防

日本人に多い病気として癌などがありますが、最近では現代病とも呼ばれる生活習慣病にも注意が必要です。生活習慣病自体は食生活の乱れや寝不足など、様々な内容が原因とされていますよね。そんな中で生活習慣病の原因として活性酸素も関係していると言われています。活性酸素自体は身体の細胞自体を酸化させてしまい、細胞が持つ本来の性質自体が変わってしまいます。鉄が酸化してサビができボロボロになるのと同じように、人の身体も酸化によって細胞が有害なものに変わってしまいます。納豆に含まれるナットウキナーゼの働きには、その活性酸素の発生自体を抑える効果があります。そのため生活習慣病自体も予防ができるので、高血圧や糖尿病などの予防効果が期待できますよ。